*

CoD:WW2 現時点で強いおすすめ武器・装備・基礎トレ・師団まとめ

      2018/04/15

おすすめ人気武器ランキング

CoD:WW2における現時点でのオンラインでの人気武器などをまとめました。

※記事の内容はアップデートのたびに随時更新しています。


スポンサーリンク

CoD:WW2マルチプレイの全体的な傾向

まず武器の全体的なキルタイムや使用感はいつものCoDといった印象です。

SMGでいえば、バランス型、レート型、精度型などが揃っており、BO3やIWのラインナップから大きく変わっていません。

第二次世界大戦の背景上、3点バースト等のバースト銃は登場しません。

SMGやARは今作も安定して使いやすい一方、LMGやSGは弱いという意見が多く、個人的にもやや扱いづらく感じます。今やだいぶ強化され、使えるレベルになりました。

武器バリアントは性能変化なし

サプライドロップなどで獲得できる武器のバリアントは、基本的に元のものと同じ性能です。

しかし、アイアンサイトの形状が変わるものもあり、元のより見やすい場合があります。また、△長押し時の観察アクションが違うものもあります。

新しい武器を手に入れたら射撃場などで試し撃ちをしてみましょう。

バリアント武器はキルごとのXPボーナスもあるので、手に入れたら優先的に使うといいでしょう。

ジャンプ撃ちや伏せ撃ちなど、小手先のテクニックが重要に

ブーストジャンプのない地上戦主体の本作においては、撃ち合い中にやれることの選択肢が狭い分、ジャンプ撃ちや伏せ撃ちの重要性が再び増しています。

少しでも撃ち合いに勝ちたいなら、ぜひこういった小手先のテクニックを習得してみましょう。

ジャンプ撃ちのしやすいバンパージャンパー操作などもおすすめです。

爆発物が強い

グレネード等の爆発物が強力です。

今作では前作までのピック10システムとは違い、誰でも必ず投げ物を最低2つ選択できるようになったので、グレネードが飛び交う頻度が高いです。

爆発物によるシェルショック(画面揺れ)も深刻に大きく、存在感(鬱陶しさ)を増しています。

地雷にあたるSマインは過去最高の見づらさで、何度もやられることになるでしょう。伏せてもダメージを受けます。

足音はすごく聞こえる

今作は足音がすごく聞こえます。

上記動画ではパークなし、基礎トレのインコンスピキュアス、山岳師団で足音がどれだけ聞こえるか検証しています。

インコン+歩きorしゃがみか、山岳師団で完全な無音に。ただし武器切り替えやリロード音は聞こえるので注意。

敵の位置がまるわかりな1万円以下のおすすめヘッドセットまとめ

CoD:WW2のおすすめ人気武器

人気の武器や装備などを各カテゴリーごとに紹介していきます。

コミュニティでの意見や、筆者主観も含まれているので、参考程度にご覧ください。

おすすめARと傾向

今作のARは、過去シリーズ同様に全距離で使いやすい性能となっています。

時代柄、単発のセミオート式が多く、3点バーストのような銃は存在しません。

全体的に過去作より弾数が少ないのも特徴です。

不遇な性能だったセミオートは軒並み強化され、実用できる性能にまで底上げされました。

STG44

stg44

STG44は今作で最も標準的な性能で扱いやすいARです。

威力、レート、弾数、リコイルすべてが無難にまとまっており、クセがありません。

今作は全体的に弾数が少ない銃が多い中、フルオートで据え置き30発マガジンはありがたい点です。

バランス型であることの強みがぞんぶんに出ており、初心者にも最適な銃です。

M1A1カービン

m1a1carbine

M1A1は高精度・中威力のセミオートライフルです。中距離、遠距離向け。

射撃場の一番遠いマトもタップ撃ちなしで打ちぬける高精度が最大の魅力です。

指連射に自信がなくても最高レートはわりと到達できます。

おすすめアタッチメントは拡張マガジンと大口径です。

BAR

bar

BARも低レート高パワー型のライフルです。

上のFG42を近距離向けにしたような性能で、3発距離を削られた分、レートが若干上がっています。

BARとFG42は、BO3でいえばKN44Man-O-Warのような関係(IWならKBARとNV4)と考えるとわかりやすいでしょうか。

国民突撃銃

国民突撃銃

高レート、高精度型のフルオートライフルです。

STG44より高いレートと、縦ブレのみの制御しやすいリコイルで遠距離の敵もキルしやすい強力な銃です。

他のARよりもADS移行時間やスプリントアウトが遅いため、名前のわりに突撃には向きません。腰うち拡散率も高め。

アタッチメントは大口径がおすすめです。縦ブレなので自然にHSになりやすく、一発でも頭に入れば全距離でキルに必要な弾数が減ります。

アップデートで追加された武器なため、サプライドロップでしか手に入らないのが難点です。

おすすめSMGと傾向

サブマシンガンは今作も安定の強さを誇ります。

全体的に素の性能が高く、どれを選んでもある程度は戦えます。

PPSH-41

PPSH41

PPSHは平均的に高い水準でまとまっており、リコイルもマイルドで扱いやすいSMGです。

解除レベルが低いのも嬉しいところです。

迷ったらこれから使ってみるといいでしょう。

MP-40

mp-40

MP40はバランス型のSMGです。

レートはSMGでは平均的、リコイル少な目、射程やや長めです。

突出する点はありませんが、バランスが良く扱いやすい銃です。

おすすめLMGと傾向

今作のLMGは、長射程のパワーを活かす調整となっています。

地上戦ゆえに動作の重さがごまかせず、装弾数も全体的に減少してるわりにリロードは従来通りの遅さとなっており、扱いには慣れが必要です。

機甲師団のバイポッドを展開すると、移動ができなくなるかわりに、ADS速度・リロード速度・腰だめ精度が大幅に向上します。

LMGの運用は機甲師団または、アタッチメントを増やせてストック効果のつく歩兵師団で使うのがおすすめです。

ルイス軽機関銃

ルイス軽機関銃

ルイスは一番無難に使える性能のLMGです。

長大な3発キル射程、ほどよいレート、高い精度が揃っています。

MG15

MG15

MG15はレートの高さと精度に優れた近中距離向けのLMGです。ほぼ全距離4発キル。

アイアンサイトが極めて見易いのも大きな長所。

おすすめSGと傾向

今作のSGはキルの不確実性が高く、安定しません。

ダメージ計算はBO3と同じくベースダメージ+ペレットダメージですが、肝心のベースダメージが低いのが不確実な威力の原因です。

中でもダブルバレル系はハイリスク・ローリターンのひどい性能です。かなり強化されましたが、それでもやはり平均よりやや下の性能です。

派遣師団の「焼夷弾」は延焼ダメージが付加できるものの、最初に長めの装填動作があり、肝心の一撃射程も縮みます。

カス当たりでも延焼ダメージで倒せることがあるので、使うかどうかはお好みで。焼夷弾は相打ち量産機です。

コンバットショットガン

combatshotgun

コンバットショットガンは、現状で一番SGらしい活躍ができる武器です。

伝統のワンショットキル型ですが、過去作のそれとは違ってキルに3発かかることもあり、過信はできない性能です。

SGのアタッチメントは、ステディエイム+アドバンスライフルがおすすめです。

おすすめSRと傾向

今作SRは山岳師団と組み合わせることで、息止め中のみエイムアシストが有効になる仕様です。

WARなど、マップの一部で広い射線があるため、過去作より使える場面が多くなっています。

KAR98K

KAR98k

KARは現時点では最高のSRです。

覗き込み速度、即死範囲、レートのバランスが良くまとまっています。

アンロックは山岳プレステージが必要です。

おすすめサブ武器と傾向

サブ武器にはハンドガンと近接武器があります。

HGはベータ時とはうってかわり、ちゃんとキルが取れる性能になっています。

近接武器は射程が見た目以上に長く、室内戦ではネタとはいえないレベルに使えます。

アタッチメントは拡張マガジンが最優先で、次点として大口径がおすすめです

9MM SAP

9mmsap

9mmSAPは現状で最も無難なセカンダリーと言えそうです。

ほぼ無反動で3発キルの距離が長く、中距離なら敵のメイン武器にすら撃ち勝てることがあります。

P-08と非常に近い性能ですが、総合的には上位互換です。

比較すると、あちらよりリコイルが若干ありますが、レートが若干高くなっています。

9mmSAPはアップデートで追加された武器で、解放師団をプレステージすることで取得できます。

他のハンドガンについて

マシンピストルはアップデートでかなり弱体化されました。キルタイム含め、今はセミオートに分があります。

1911はごく短い2発キルがあるものの、反動が大きく、レートも低めでより短い距離向けです。

リボルバー2種はそれぞれP-08と1911を極端に調整した性能となっており、やや扱いが難しいのであまりおすすめできません。

おすすめ装備(リーサル・タクティカル)

今作の装備は、全リーサル・タクティカルの中から1つだけ選べるようになっています。

リーサルならおすすめは粘着爆弾、Sマインです。

梱包爆薬は基礎トレの破壊工作と併用することで、空中起爆ができるようになり強力です。

タクティカルならスモークがおすすめです。

むしろそれ以外の装備は現状ではあまり見かけません。

1枠だけ選べるなら優先度はキルが取れるリーサル>タクティカルでしょう。スモークは状況に応じて。

おすすめスコアストリーク

中級までのスコストがおすすめです。偵察機、滑空爆弾、戦闘機乗り、迫撃砲あたりですね。

今作は全体的に獲得スコアが少なくなっています。この傾向は特に目標ゲームで顕著です。

高キルストは出しづらいわりにキル数が安定しません。

空挺部隊はあっというまにやられることが多く、ボールタレットガンナーは30秒間と非常に短いです。

爆撃系は強力ですが、滑空爆弾や戦闘機乗りの方が安定しやすくコスパに優れます。

おすすめ基礎トレ

基礎トレは「これが必須!」というものが今作にはありません。

クラスやプレイスタイルによってもおすすめが異なるので、プレイスタイルに合ったものを選択してOKです。

ルックアウト:敵の場所がわかりやすくなります。腰だめ状態でもクロスヘア付近に入れば映るので強力です。

ハンカー:対爆能力が高く目標ゲームで真価を発揮。フラグ投げ返し能力もなにげに使えます。

基礎トレは下記で詳しく解説しています。

基礎トレーニング一覧と効果の詳細解説

おすすめ師団と使用率の傾向

師団も武器やプレイスタイルによっておすすめが変わります。

撃ちあいで勝ちたいなら、機甲+スコープがおすすめです。
射撃以外の妨害要素を極限までシャットアウトできます。
WARハードポイントなどのオブジェクト系で特に役立ちます。

デスマッチルールでは山岳師団もおすすめです。
偵察機無効化と、足音が無音にできる能力が強力で、どんな武器種ともあいます。

空挺師団は狭いステージでSGとセットで。

派遣師団は投げ物でアシスト的な側面が強いです。

解放師団は索敵要素を強めますが、やや玄人向けです。

各師団の能力と詳細まとめ

FPSが有利になるゲーミングモニターの選び方

 -CoD:WW2,

この記事を周りの人にもシェアしてみませんか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 30follow us in feedly
スポンサーリンク

こちらの記事もおすすめ

  Comment

  1. 匿名 より:

    SGは、師団しだいで普通に強いです。
    なんならマップも基本的に狭いから立ち回り楽です。
    SRに関しては、Karは、覗くまでが早いですが、ハンショ率高めです。ジャンプ撃ちされたら上手くなければハンショでしょう。基本接近戦が多いのでARより、SMGのが強くなるのは必然です。
    マップを含めた説明も含めて強い武器の紹介もして欲しいです。

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク