*

BO4 ブラックアウト攻略:バトロワ初心者が生き残るための5つのコツ

      2018/10/19

Call of Duty:Black Ops4(コールオブデューティー:ブラックオプス4)のバトルロイヤルモード『ブラックアウト』で生き残るためのコツをご紹介します。

初心者向け。



ブラックアウトで生き残るためのコツ

ソロは難易度高し。初心者はデュオ以上から慣れよう

ソロは自分一人に対し、それ以外が全員敵なのでやることが非常に多いです。

  • アイテム回収・使用
  • 探索
  • 位置取り
  • 索敵
  • 交戦

ブラックアウトではこれだけやることがあります。

勝手がわからないうちは、デュオかクアッドから始めるのがおすすめです。

「初心者は迷惑かけないようソロいけ」などの文句は気にしないでください。
むしろ初心者ほどチーム戦に行きましょう。

チームメイトと行動すれば、援護や蘇生してもらえるため有利です。
動きや立ち回りも学べます。

仲間とは一定の距離を取って移動すること。

団子状態は安心感がありますが、一網打尽にされてしまいます。
カバーしあいながら進めることで、生存確率は高くなるはずです。

離れた場所に降下してしまった場合は、マップのマーカーやゾーン縮小を見つつ、ゆるやかに合流を狙っていきましょう。

最初の5分で半数脱落!まずは最序盤を生き残れ!

バトロワゲームでの基本として、最初の5分間以内にプレイヤー総数の半分は脱落します。
一人が1キルずつするだけでもう半減です。

ある意味で最も危険かつ致死率が高いのが、ゲームが始まって最初の5分間となります。

この5分でなにをすべきかがバトロワで生き残るために非常に重要です。

最優先事項は、いうまでもなく武器の獲得です。

最初の5分は敵を見つけてもあえて手を出さず、エリア移動も控えめにして、総数が減るのを隠れて待つのもありかもしれません。

バトロワは漁夫の利や運ゲー要素もあるため、他プレイヤーが削りあうほど自分が有利になります。

降下地点は迅速に選ぼう!

最初の5分を生き残るために重要なのが降下地点の選択です。

最適な降下地点の条件は

  • 同じところに降りる敵が少ない
  • 建物の近く
  • 遮蔽物が多い

あたりとなります。

ヘリ進路から遠く離れるほど人が少なく、安全なエリアになります。

どんなヘリ進路からでもアクセスしやすいマップ中央付近は毎回激戦区になる可能性大です。

↓公開されたヒートマップ。

地名のあるエリア、建物、マップ中央付近がやはり激戦区なのがわかります。

腕に自信があっても銃の初期配置は運が絡むので、密度の低い地点を選ぶ方がベターです。

ゾンビ武器が欲しいなら灯台か収容所に向かいましょう。

マップ解説。地形の有利不利ガイド

滞空時間は最小限に

空中にいる時間はなるべく短くすることが重要です。

左スティックを傾けるほど加速できるので、迅速に降りましょう。

画面右のメーターは高度と落下速度

一定地点まで高度が下がると自動的にパラシュートを開きます。

この時、地面から一定の高さに到達した場合パラシュートが自動で開く仕様なので、最も低地である水面をめがけて急降下しつつ、直前で近くの陸地に着陸しましょう。

フリールックボタンを押しながらだと視点も移動できるので、なにもやることがないパラシュート中は周りに降下している敵を確認するといいかも。

ウィングスーツの基本操作。最速で長距離を隙なく降下する方法

降下後は武器をとれ!

着地後、あなたは近くの家屋へと入ります。
ドアを開け、床に散らばったアイテムを物色します。

包帯を取って、パークを拾って…ではなく、真っ先にすべきは武器の確保です。

余計な物には目もくれず、まず武器の確保を最優先しましょう。

アーマーよりもなによりも武器の方がずっと重要です。

中距離戦が多く、HSも狙いやすい光学サイトはおすすめ

武器を取ったら、強化や収集を開始。

アタッチメントは光学サイト・スコープ類が思ったより役に立ちます。

ブラックアウトはマップが広いため、中距離以上での撃ちあいが発生しやすく、銃には弾速もあります。
アイアンサイトでは見えにくい敵も、ズームのついたサイトなら狙いやすくなります。

CoD経験者からすると、ズーム倍率の高いサイト類は使えない先入観がありますが一度試してみてください。

ブラックアウトの武器・アタッチメント・パーク・アイテム一覧

ヘッドショットは効果大

体力が高い今作では、マルチでもブラックアウトでもヘッドショットの重要性が増しています。
瞬殺されたときは大体頭を撃ち抜かれています。

キルタイムもかなり変わってくるので、できれば積極的に狙いたいところ。
先述した光学サイトとの組み合わせでもだいぶ狙いやすくなります。

コントローラーに装着することでエイムしやすくなるグッズも存在します。

エイム力に差がつくおすすめコントローラーや装着パーツまとめ

カバーは常に意識しよう

マップでは見通しの良い平原を移動する機会が非常に多いです。

「この瞬間に撃たれたらどうするか」を常に意識しましょう。

平原ならすぐに隠れられるよう木や岩などの遮蔽物を縫うように進みましょう。
地形の起伏も利用できます。

不意に撃たれた場合はくねくね蛇行したり、ぴょんぴょんジャンプすることも意外に有効です。
なにげに足音も少し減らせます。

音に敏感になろう。周辺30m程度は丸聞こえ

索敵で極めて重要度が高いのが音です。

ブラックアウトは舞台が広いためか、周囲の音がとてもよく聞こえるように調整されています。
同じ建物内に敵がいれば、足音で即座にわかるくらいです。
明らかにマルチプレイモードよりも聞こえます。

足音だけでなく、ガラス割り、銃撃戦、乗り物移動もよく聞こえます。

ブラックアウトはとにかく音の方向の再現度が高いです。
相手の足音が聞こえたらよく聞いて索敵しましょう。

敵の気配がしたら、自分の足音を聞かせないように立ち止まるか、しゃがみ歩きで軽減しましょう。

音への配慮は後半でゾーンが狭くなるほど、特に重要になります。
走りやガラス割りは危険です。

音については、ヘッドセットの有無でかなり差がでます。
使わないと確実に不利です。

FPSやTPS向けの音の定位が良いおすすめヘッドセットは下の記事もご参考に。

FPS/TPSに最適な一万円以下おすすめヘッドセットまとめ

CoD:BO4は2018年10月12日に発売。
対応ハードはPS4、Xbox One、PCとなります。


この記事を周りの人にもシェアしてみませんか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0follow us in feedly

 -CoD:BO4, ,


こちらの記事もおすすめ

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)