*

CoD:BO3 武器評価XPR-50編おすすめアタッチメント

   

xpr-50

Call of Duty:Black Ops3(コールオブデューティー:ブラックオプス3)に登場するSRのXPR-50についての詳細ページです。



データ

解除レベル サプライドロップ限定
射撃タイプ セミオート
移動速度 95%
ADS(覗き込み)速度 0.4秒
ダメージ 95
レート(ラピッドファイア) 240(255)
マガジン弾数(拡張マガジン) 8(11)
リロード時間(ファストマグ) 3.5秒(2.45秒)
貫通力

ソース:Marvel4


即死部位

lethal

腹部より上がワンショットワンキル可能な範囲となる。

※CoD:BO3では首もヘッドショット扱いとなる。


外観

ボディ

アイアンサイト


評価

XPRはセミオートSR。
前作BO2にも登場した架空銃となっている。

アップデートで追加された。

高い威力+連射可能な破壊力

この銃の強みは、腹部上ヒットで即死という高いダメージと、連射能力を両立している点にある。

通常、CoDのSRは二通りのバランスの取り方がなされており

  • 威力があるけど連射は不可能
  • 威力はそこそこだけど連射可能

のどちらかとなっているが、XPRはこれを高い水準で両立している。

同じ連射型のDrakonと比べると、レートは同等ながら即死部位はあちらより上。

弱点は一発ごとのリコイルの高さと装弾数

数値上のスペック面では高い水準となっているものの、どんな武器にもバランスを取るための弱点が存在する。

XPRの場合は、まずリコイルの高さが挙げられる。
セミオートで連射可能なものの、一発ごとに照準が大きく跳ね上がるため、連射するほどエイムは明後日の方向へ飛んで行ってしまう。

正確にリカバリーしたい場合は、照準がセンタリングするまで一定時間待つ必要がある。
待ち時間を考えると、Locusとそう変わらないレートになる。

装弾数もXPRの弱みで、初期は8発しかない。
同じ連射型のSRとしてはDrakonが20発なのを見ると、やはり少ない。

連射はいざという時の強み

連射ができること自体が強みになる。

敵が至近距離にいる際は、ダメ元で連射すればSGのように一撃で敵を倒せることもあるので、悪あがきができるのは単発系SRにはない強みといえる。

ワンショット型の連射SR

セミオートSRをXPRはワンショット型に調整した内容となっている。

Drakonは2発キル型という前提なので、好みで使い分けてみよう。

おすすめカスタム

まずは少ない弾数を補う拡張マガジンがおすすめ。
それでも弾数は11発にしかならないので、ファストマグもつけておくと安心か。

参考動画

追加武器について

この武器はアップデートにより後から追加された武器であり、入手方法はサプライドロップからランダムで手に入れるしかない。

運が悪いといつまでも使うことができないが、試し撃ちするだけなら方法はある。
追加武器をサプライドロップで出す前に使う方法

その他の武器の評価も見る

武器の個別評価ページ一覧へどうぞ


この記事を周りの人にもシェアしてみませんか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0follow us in feedly

 -CoD-BO3, , ,


こちらの記事もおすすめ

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)