*

CoD:WW2 基礎トレーニング(パーク)の詳細一覧とおすすめ解説

      2017/12/07

basic training list

Call of Duty:WWII(コール オブ デューティ ワールドウォー 2)の基礎トレーニングを一覧にしてまとめました。

詳細やおすすめの組み合わせもあわせて解説しています。


スポンサーリンク

基礎トレーニングについて

基礎トレーニングとは、選択可能なスキルのようなものです。前作までのPERKに相当。

基礎トレは全21種類。各師団で共通の内容となっており、一つだけ選べます。

各師団の能力と一部かぶる効果がありますが、両方つけても効果が倍になったりはしないようです。

全基礎トレーニング一覧と詳細解説

スパイ

Espionage

アンロック条件:初期

自分が弾丸でダメージを与えた敵が、自分と味方のミニマップ上に6秒間赤点としてリアルタイムで表示されます。敵との階層差も表示されます。MW3のリーコンプロに相当。

銃撃はもちろん、爆発物や各種タクティカルにもダメージがあるため、ヒットマークがつくものなら大体ミニマップに表示されます。銃弾のみに修正されました。

PTで使うと強力で、常に相手の位置がわかるような状態になります。

スパイはカウンターとなるスキルがゲーム内に存在せず、防ぐ手段がありません。また、相手のマップに表示されているかどうかもわからないため厄介です。

今作の新しい仕様として、ミニマップの矢印を見れば、自分が相手のミニマップに映っているかどうかがわかります。

ww2ミニマップ

スパイや敵偵察機にこの仕様が適用されます。今、敵に居場所がバレているか一目瞭然です。

ローンチ

Launched

アンロック条件:初期

セカンダリーにランチャーを選択可能になります。

ランチャーは、M1バズーカとパンツァーシュレックの2種。

M1は精度が高く、真っすぐ飛ぶため航空機撃墜メイン。パンツァーは精度が悪いため撃墜には向かず、対人やWARの目標物破壊などに向きます。

時代背景の都合上、2種類とも航空機に対するロックオン機能がないため、目測であてる必要があります。偵察機は動くため、少し先を撃つ「偏差うち」が必要。

偵察機に対する当たり判定自体は大きいですが、自分と偵察機の距離によって、偏差うちのタイミングが違うため、安定して落とすなら練習必須です。

銃キルした敵が落とす赤バッグから弾を補給できるオマケ能力もついています。

レクイジション

Requisitions

アンロック条件:初期

死んでもスコストポイントがリセットされず継続されます。過去作のサポートストリークに近いです。

デスでポイントが途切れないとはいえ、高スコストはそれなりのスコアを要求してくるため、1ゲームでは届かない可能性もあります。低~中スコスト構成がおすすめ。

キルが繋がらない初心者や、キルごとのスコアが低いルール向け。最近ではスコアが稼ぎやすい目標ゲームで、後半に高スコストでラッシュをかけるのも流行中。

インスティンクト

Instincts

アンロック条件:ランク3

視界外の敵が、自分を視界に捉えている際、画面に黄色い表示がでます。これによってわかるのは「敵が今自分を狙っている」ということです。

マップの射線に詳しくなれば、大体の敵の位置が推測できるようになります。

もう一つの効果は、敵のリーサルが壁を透けて赤く見えるというもの。投げナイフ以外はほぼ射程無限で透けますが、光り方がかなり地味なので、爆発物対策なら機甲師団やハンカーの方がいいでしょう。

ライフルマン

Rifleman

アンロック条件:ランク12

サブ枠にメイン枠の武器を選ぶことができます。過去作のオーバーキルに相当。

メイン、サブ両方とも同じ武器というのはできません。サブ枠の武器はアタッチメントがつけられない点も注意。

ハッスル

Hustle

アンロック条件:ランク16

リロード時間が短縮され、ダッシュ中もリロードができるようになります。ダッシュリロードはオプションでオフにすることも可能。

過去作のファストマグに相当。

ルックアウト

Lookout

アンロック条件:ランク20

ミニマップの表示範囲が2倍程度まで広がり、敵の位置がわかりやすくなります。

ルックアウト

見える範囲が倍ちがう

また、敵の頭上のネームタグも本来より遠いところから見えるようになります。

ネームタグの見える範囲は、武器カテゴリーによって違い、SRなどの遠距離武器ほど範囲が広い仕様です。

WARのノルマンディー防衛側で使えば、人間とボットの見分けがつきやすく強力。アンダーカバーには無効です。

ガンスリンガー

Gunslinger

アンロック条件:ランク24

ダッシュ中とダイビング中に腰だめ射撃ができるようになります。過去作のガンホー等に相当。

ダッシュ中に腰だめ→ADSで、スプリントアウトをかなり短縮することができます。遭遇戦対策や、SGにも有用。

オードナンス

Ordnance

アンロック条件:ランク28

各種スコストの要求スコアがおおよそ25%減少します。偵察機なら500→375に。

高スコストの減少率は20%程度なため、低スコスト構成に向きます。

救援物資は、近くでチョンチョンと□をダブルタップすることで、1回だけ再抽選が可能になります。

プライム

Primed

アンロック条件:ランク32

ひるみ(敵に撃たれた時の画面の揺れ)を減少させ、メインのアタッチメント枠もプラス1。過去作のタフネス等に相当します。

アップデートでの修正により、現在はひるみ減少効果がほぼなくなりました。

現在のタフネス効果は2:17より。

アンダーカバー

Undercover

アンロック条件:ランク36

敵を倒した際に出るドクロマークが出なくなります。

自キャラ上部のネームタグも、敵には表示されなくなります。ルックアウトのカウンターとして有効。サーチの忍者デフューズなどにも。

セラーテッド

Serrated

アンロック条件:ランク39

メインが近接武器に固定され、投げナイフ2本と任意のタクティカルx2となります。一応、サブにハンドガンが持てます。

完全にナイファー用の基礎トレです。組み合わせる師団は悩みどころ。移動特化の空挺か、ステルス特化の山岳か、補給ができる派遣か。

今作の投げナイフは光らないため、適当に投げると非常に見つけづらいので注意。

デュエリスト

Duelist

アンロック条件:ランク43

ハンドガンがデュアルになります。予備弾薬も相当増えます。

セミオートHGは単体の発射レートが底上げされ、近距離はかなりの制圧力になります。

アタッチメントは、拡張と迷うかもしれませんが、腰うち精度があがるステディエイムがおすすめ。

フォーリッジ

Forage

アンロック条件:ランク47

倒した敵が落とす緑のバッグを拾うことで、弾薬を補給できます。開始時の装弾数も最大でスタートします。過去作のスカベンジャーに相当。

補給できるのは銃の弾薬1マガジン分のみで、タクティカルやリーサルは不可。派遣師団はこの逆で、バッグは赤です。

バン!

Bang

アンロック条件:ランク51

リーサルのグレネードx1と、好きなタクティカルx2を持ち込めます。ただしスモークだと1個のみ。

敵の死体から装備を補給でき、投擲も素早くなる派遣師団と組み合わせて、物を投げるプレイはオブジェクト系ルールで強力です。

同じ基礎トレの「コンカッション」と対になっています。

フランカー

Flanker

アンロック条件:ランク54

移動中のみ偵察機に探知されなくなります。効果発動中は、ミニマップの自分の色が薄くなります。過去作のゴースト等に相当。

発動条件となる速度はそれなりに厳しく、しゃがみ歩きの速度だとSMGでも発動しません。

ちなみに山岳師団のゴースト効果は、これとは違って常時発動です。

スコープ

Scoped

アンロック条件:歩兵師団プレステージ1以降

ADS中の移動速度が速くなります。歩兵師団のより若干だけ効果低めです。過去作のストックに相当。

アイドルスウェイ(静止時の照準の揺れ)もかなり減少します。

別の師団だけどストックが欲しいという方に。

エネルギッシュ

Energetic

アンロック条件:空挺師団プレステージ1以降

リスポーン時の長めのダッシュが短い間隔でできるようになります。

ずっと走り回りたい人や、開幕でより素早く前線に向かう用途に。

空挺師団の能力と同等なので、併用しても効果アップはしません。

ハンカー

Hunker

アンロック条件:機甲師団プレステージ1以降

グレネードの警戒マークがより広い範囲から表示されるようになり、回避しやすくなります。

爆発物による一撃死もなくなり、シェルショック(爆風での画面の揺れ)も軽減されます。機甲師団の対爆能力と同等。

フラグは1発のみ耐えられます。粘着爆弾のぺったり、ランチャーの直撃、スコストによる爆発は耐えられません。地雷は立ったままだと死ぬことに注意。

過去作のフラックジャケットに相当。

インコンスピキュアス

Inconspicuous

アンロック条件:山岳師団プレステージ1以降

足音がかなり軽減され、敵に気づかれにくくなります。山岳師団の同効果よりは少し低い性能です。過去作のデッドサイレンスに相当。

足音軽減とはいっても完全に消えるわけではない点に注意。しゃがみ状態ならほぼ無音に。

今作は足音がかなり聞こえるため、この基礎トレか山岳師団の能力で対策しましょう。ちなみに、足音を聞きやすくするアウェアネス相当のスキルは存在しません。

コンカッション

Concussed

アンロック条件:派遣師団プレステージ1以降

タクティカルの69手榴弾(過去作コンカッションに相当)x1と、好きなリーサルx2を持ち込めます。

リーサル2個持ちが強力で、WARの戦車随伴兵の排除におすすめ。

同じ基礎トレの「バン!」と対になっています。

プレイスタイルで師団と組み合わせて選ぼう

以上、基礎トレーニング全21種類でした。

基礎トレはこの中から一つしか選べません。師団の能力とかぶると無駄になるだけなので、取捨選択をして、プレイスタイルに合ったものを選びましょう。

ちなみにベータ時点から内容がかなり変更されています。

ベータ時点の基礎トレーニング

CoD:WW2ダウンロード版(PSストア)

 -CoD:WW2

この記事を周りの人にもシェアしてみませんか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 30follow us in feedly
スポンサーリンク

こちらの記事もおすすめ

  Comment

  1. 匿名 より:

    師団を派遣、パークをセラーテッド以外にして投げナイフキルしても相手が赤い補充用バッグを落としません。
    パークをセラーテッドにすると落としました。
    派遣とセラーテッドを組み合わせないと投げナイフは補充できないのでしょうか
    また派遣とセラーテッドを組み合わせると兵士のカスタマイズ画面で投げナイフが3本表示されるのですが実際は2本しか持っていません
    ここら辺の検証をお願いできませんでしょうか?

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク