*

2016最新:PS4で使えるFPS向けおすすめマウス&コンバータ

      2016/11/10

マウス&コンバーター

この記事では

  • PS3やPS4、Xboxなどの家庭用ゲーム機でマウスを使ってみたい
  • FPS向けのおすすめゲーミングマウスが知りたい

という方に向けて、家庭用ゲーム機でマウスを使う方法と、FPS向けのおすすめマウス&コンバーターをご紹介します。

「コンバーター(変換器)」とは家庭用ゲーム機でマウスを使うために必要な機器です。後述で詳しく解説します。

FPSでマウス自体が初めてだという方は最初から、そうでない方は目次から該当箇所をお読みください。わかりやすさ重視で書いているので、気構えず気楽についてきてください。

スポンサーリンク


家庭用ゲーム機でマウスは禁止されている?

「ゲーム機でマウスの使用は禁止されている」

たびたび聞くのがこの文言です。これは本当なのでしょうか?主要ハードごとに解説します。

まず、PS4というハード自体にとって、マウスやキーボードなどは外部ツールにあたるため、サポートしていない場合が多々あります。

しかし、ハード単位での使用は特別に禁止されていません。また、後述するようにソニー公式ライセンスの元で発売されたマウス等が存在します。

次にXboxについては、開発であるマイクロソフト自体がコンピューター関連商品の製造をしているので、これももちろんマウスの使用に関しての規制等はありません。感情としてはむしろもっと売れて欲しいくらいでしょう。

まとめると、家庭用ゲーム機でのマウス等の仕様は、ハードでの規制はないということです。しかし、ここで注意してほしいことは、ゲーム作品ごとにメーカーが規制している場合があるということです。「うちが作ってるゲームでマウス使っちゃだめよ」みたいな感じですね。これはそのゲームを使った大会などで影響してきます(後述)。

公式で禁止されているタイトルについては、マウスを使用しない方がいいでしょう。自分がプレイするゲームの公式ポリシーなどを確認してみましょう。

マウスを使うメリット

エイムがしやすくなる

まずマウスで一番大きな効用がエイム精度の向上です。CS機でマウスを使う人のほとんどがこれが目的なのではないでしょうか。

PC上でカーソルをぴたっと特定の場所に合わせるのと、ゲームパッドで敵にエイムを合わせるのを想像すればわかると思いますが、エイムの速度や正確性は段違いです。

注意!マウスは万能ではない

マウスを使うことでエイム精度は確かに向上しますが、いきなりキルレが大幅に向上することはありません。なぜなら、それに伴う立ち回りの技術が必要だからです。

マウスを使えば確かに「よーいドン」での撃ち合いに勝ちやすくはなりますが、それは正面で撃ち合った場合の話です。もともと四方八方から撃たれるような立ち回りのよくない人は、総合的にFPSの技術を磨く必要がでてくるでしょう。以下の記事も参考にしてみてください。

マウスの操作には慣れが必要ということも忘れるべきではないでしょう。マウスは、ゲームパッド(コントローラー)とはあらゆる意味で全く操作感が異なるため、マウスを買ってみたものの、慣れなくて結局パッドに戻ったという人も結構な割合でいるようです。

長期的に見ると安い

話が少しそれましたが、マウスのメリットとして、長期的に見るとコストが安く済むという点があります。

家庭用ゲーム機でFPSをやり込んでいる方は経験があると思いますが、PS4などのデュアルショックコントローラーってとても壊れやすいですよね。数カ月でスティック周辺が削れてだめになり、誤動作が出たりします。

PS4・PS3の純正コントローラーは一つ5000円近くするため、何度も買い替えるとかなり高くなります。

たかがコントローラーで新規ソフト一本分買える値段なので、FPSをずっとやっているとコントローラー代が馬鹿になりません。

一方で、マウスの寿命は非常に長いです。お手持ちのPCのマウスはどれくらい長く使えているか考えてみてください。マウスは、PCや他のハードでも使えるため、長期的に見るとコストパフォーマンスが良いです。

マウスを使うデメリット

CSユーザーから批判の的になりやすい

FPS界隈に馴染んだユーザーならご存知かと思いますが、CSでのマウス使いは批判されやすいです。ゲームパッド(コントローラー)とマウスとでは、エイムの精度に差がつくため、卑怯であるというのがたいていの理由です。

単純にエイムが上手いプレイヤーも、マウサー認定の暴言メールが飛んでくることがあり、「マウサー」というのはある種の悪評・レッテルとも化しています。マウスを使うという行為自体が、他プレイヤーの悪感情を喚起しやすいという面があるといえます。

CSの大会では使えない

公式大会などの規定によって、デフォルトのゲームパッド以外は制限されている場合があります。理由としては、エイム精度に差が出てしまうこと、動作保証外であるサードパーティー性の商品であることなどが挙げられます。

大会に出ない99%プレイヤーの場合はあまり影響がありませんが、e-Sportsに興味があるという方は、大会参加前に規定を確認した方がいいでしょう。

PS3やPS4でマウスを使う方法

PC用のマウスはそのまま使えない

そのままマウスは使えない

まず大前提として、PC用のマウスをそのままPS4などのUSBポートに接続して使用することは出来ません。PCとゲーム機では信号が違うためです。

家庭用ゲーム機(CS機)でマウスを使う方法は次の2通りです。

  1. ゲーム機用のマウスを使う
  2. ゲーム機とマウスの間にコンバーターを挟んで使えるようにする

順番に説明します。

ゲーム機用のマウスを使う方法

そのまま使えるマウスを使う

「ゲーム機とマウスを直接つなげても使えない」と書きましたが、使えるマウスが少数だけ存在します。

それが「タクティカルアサルトコマンダー(TAC)」シリーズです。

タクティカルアサルトコマンダー(TAC)

タクティカルアサルトコマンダー

対応ハード PS4、PS3

連射コントローラーなどで有名な会社「HORI」が開発・販売しています。SIE公式ライセンス商品です。

キーボードで移動、マウスでエイムという使い方になります。ちなみに付属以外のマウスも使用可能です。

TAC新シリーズ

上で紹介したタクティカルアサルトコマンダーは、2016年10月に新バージョンが3種類発売されており、そちらが現行のバージョンとなっています。

tac k1 g1 m1

対応ハード PS4、PS3、PC

3タイプともマウスは共通の仕様となっており、違いは左手用デバイスのみです。前バージョンに一番近いのはK1タイプです。いずれもPS4・PS3・PCに接続可能となっています。なお価格はそれぞれ違うのでご確認を。

>タクティカルアサルトコマンダーシリーズ(Amazon)

現状、PS4と直接USBで繋げただけで使えるマウスは、この「タクティカルアサルトコマンダー」シリーズのみとなります。

それ以外でマウスを使うには、次にご紹介する「コンバーター(変換器)」を使う方法があります。

コンバーターを使う方法

コンバーター

PS4・PS3とPC用マウスは信号が違うため、そのまま接続しても使えません。

しかし、信号を変換する「コンバーター(変換器)」を間に挟むことで、PC用のマウスをゲーム機で使えるようになります。

PS4・PS3などでマウスを使うためにはこのコンバーターを購入する必要があります。

PS4で使えるおすすめマウスコンバーター

コンバーターは各社からいろいろな商品が出ています。ここでは、中でも評判の良い人気コンバーターをいくつかご紹介します。

xim4

xim4

対応ハード PS4、PS3、Xbox360、Xbox One

評判の良さでいえば、このxim4がコンバーターの一番人気と言ってよさそうです。

設定が細かくでき、操作感覚もPCと変わらないという非常に評価の高いコンバーターです。

使用者が多いので、ネット上に設定情報などが多くあるのも強みですね。

venomx

venomx

 対応ハード PS4、PS3、Xbox360、Xbox One

venomxは比較的新しめなコンバーターですが人気があります。

xim4との違いとして、こちらは連射機能が付いています。

Cross Hair converter

CrossHairconverter

対応ハード PS4、PS3、Xbox360、Xbox One

クロスヘアコンバーターは、コンパクトな本体ながら豊富な設定と、遅延のなさが売りのコンバーターです。

設定などの疑問は日本語フォーラムで聞くことも可能です。

ツナイデント4 MAX(Max Shooter One)

ツナイデント4max

MaxShooterOne

対応ハード PS4、PS3、Xbox360、Xbox One

こちらは調べたところ、パッケージングを変えただけで同一商品のようです。

連射機能あり。

価格に差がありますので、よくご確認ください。

マウスもゲーム専用をそろえよう

コンバーターさえあれば、PC用のどんなマウスでも使用できるようになります。

中にはマウスが付属する商品もありますが、どれも使いづらいと評判なので、この際にゲーミングマウスも試してみることをおすすめします。

いわゆるゲーミングマウスは、ゲームのために設計されたマウスなので、FPSなどで非常に使いやすくなっています。

ボタンの数や、感度も細やかに設定でき、まさにゲーム向けといったデバイスです。

FPS向けおすすめゲーミングマウス

PCのプロゲーマーも御用達の、おすすめ人気ゲーミングマウスをご紹介します。

LOGICOOL オプティカル ゲーミングマウス G300s

g300s

ボタン数  9 本体重量  186g プロファイル保存数 3

手頃な価格で人気なマウスがこのG300sです。

9つもあるボタンを自分で設定可能で、ゲーミングマウス入門用として好評です。

Razer DeathAdder 2015 Chroma

deathadder

ボタン数 5 本体重量 268g プロファイル保存数 5

ゲーミングデバイスで有名なブランドRazer製の人気マウスです。

ロゴのカラーは発光しており、自分で好みの色を設定可能。

LOGICOOL G502 チューナブル ゲーミングマウス G502

g502

ボタン数 11 本体重量 200g プロファイル保存数 3

まずはそのメカメカしい外見が非常に特徴的なロジクールの人気マウス。

精度の高いセンサーを備え、11ものボタンが好みにカスタマイズできます。

本体ウェイトの調整機能があり、バランスを自分で調節が可能です。

おすすめマウスパッド

実はマウスパッドにも「ゲーミングマウスパッド」なるものが存在します。

SteelSeries QcK mini マウスパッド

SteelSeries QcK mini マウスパッド

これ、アマゾンでベストセラー1位の商品です。

今まで100均のマウスパッドを使っていた方は「たかがマウスパッド」と思うかもしれませんが、プロユースのマウスパッドは違います。

まずサイズが21x25センチ程度と、普通の物よりひと回りくらい大き目です。マウスの滑り具合や、裏面の滑り止めも良好と評判。

ゲーミングマウスまで揃えたのなら、最後にこちらもセットで一つ試してみるといいですよ。

 -ゲーミングデバイス

スポンサーリンク
この記事を周りの人にもシェアしてみませんか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 24follow us in feedly

  関連記事

最強のヘッドホン

【2016秋最新】FPSに最適の一万円以下おすすめヘッドセット

FPSゲーム向けにお手頃価格で買えるヘッドセット(ヘッドホン)をご紹介します。 「ガチなヘッドセット

モニターサイズの比較

【2016秋最新】FPS向けの一万円台おすすめゲーミングモニター

FPSや動きの早いアクションゲームにもおすすめの最新モニター(ディスプレイ)を基本知識からまとめてご

fps関連グッズ

FPSが上手くなる!?おすすめコントローラー・関連グッズ20選

FPSで役に立つグッズをガチからネタまでご紹介します。 この記事はPS4やXboxなどの家庭用CS機

ゲーミングチェアー

2016冬最新:人気ゲーミングチェアまとめ!腰痛対策にもおすすめ

この記事では、 ゲーミングチェアって何?普通の椅子とどう違うの? 初めてちゃんとした椅子を買いたいが

スポンサーリンク