*

WW2:武器調整パッチ配信。FG42の大幅な弱体化やLMG強化など詳細

   

cod ww2 最新アップデート・パッチ情報

CoD:WW2(コールオブデューティーワールドウォーII)に武器調整パッチがPS4、Xbox One、PCで配信されました。


スポンサーリンク

武器調整パッチの内容

タイトルアップデートではなく、ゲーム内のホットフィックスでの武器調整が入りました。

パッチノートは公開されていませんが、SHGのMichael Condrey氏が自身のツイッターアカウントで内容について言及しています。

日本語訳だと以下の通りです。

パッチによってどれくらい変化があったかはXclusive Ace氏がまとめてくれています。

動画内では、レートやリコイルの変化も比較されています。

Xclusive Ace氏は簡易的な検証と前置きした上で、

  • MP40のレート:681rpm→715rpm(5%増加)
  • M1928のレート:833rpm→871rpm(7%増加)
  • FG42のレート:517rpm→441rpm(15%減少)
  • LMGの移動速度:90%→92.5%
  • マシンピストル:4発キル距離のみ大幅に減少
  • コンバットSG:3ペレットでのキル射程が増加

というふうに変化しているとのことです。

MP40がPPSH並み(722rpm)に強化された一方、FG42はかなりの弱体化となっています。

今回の調整は現状の強武器の勢力図にも大きく影響を与えそうですね。

追記:パッチノートが公開されました。前述の調整以外はバグ修正等です。

 -CoD:WW2,

この記事を周りの人にもシェアしてみませんか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 31follow us in feedly
スポンサーリンク

こちらの記事もおすすめ

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク