*

CoD:BO3 武器評価M14編おすすめアタッチメント

      2018/06/18

m14

Call of Duty:Black Ops3(コールオブデューティー:ブラックオプス3)に登場するARのM14についての詳細ページです。



データ

解除レベル サプライドロップ期間限定
射撃タイプ セミオート
移動速度 95%
ADS(覗き込み)速度 0.23秒
ダメージ 50-40
ヘッドショット倍率 1.1倍
レート(ラピッドファイア) 400(441)
射程

2発:~45m

マガジン弾数(拡張マガジン) 20(28)
リロード時間(ファストマグ) 2.4秒(1.9秒)
貫通力

ソース:Marvel4


外観

ボディ

 

アイアンサイト

 


評価

高パワー型のセミオートアサルトライフル。実銃。

アップデート1.30Dragoonと共に追加された、サプライドロップ限定かつ期間限定の武器。
期間をすぎた場合に入手する手段があるかは現在不明。

2発キルの攻撃型セミオートAR

M14は長い2発距離を誇るセミオートARとなっている。

比較にあがるのはSheivaMX Garandだが、M14はその中では近距離~中距離向けの調整といえる。
得意距離はMX Garandとほぼ同じ。

セミオートARの中ではレートが最も高いが、2発キル射程は最も短い。
…といっても42mもある。

リコイルが短所。遠距離はやや苦手

この銃の短所はリコイルにある。
一発撃つごとに、照準が上に跳ね上がってしまうため、最大レートで連射すると、反動で敵に当たりづらくなってしまう。

上方向へのリコイルは制御しやすく、ヘッドショットになりやすいなどプラスに働くことも多々あるが、距離が離れるとややつらいものがある。

リコイルパターンは、CoD:WW2のガーランドに近いといえば、出戻り型のユーザーにとってはわかりやすいか。
セミオートのわりに、頭出しの敵に弱い弱点は共通している。

近中距離向けのセミオートAR

総じて、M14は近中距離向けのARに仕上がっている。

リコイルコントロールが苦でないなら、MX Garandより優先させてもいい。
弾数もMX Garandより多く、リロードできないといったデメリットもない。

この銃の登場によって、Sheivaはさらに遠距離向けというポジショニングが強まった。


元ネタ

元ネタは、アメリカ軍開発のスプリングフィールドM14。

制式採用され、ベトナム戦争などで使用された。

 

過去作ではCoD4およびMWR、BOなどでも登場した。

おすすめカスタム

アイアンサイトがやや抽象的なので、光学サイトはぜひつけたい。

まずはARの定石としてクイドロ、ストックのいずれかがあると安心。

ラピファは上昇幅が体感できるほど大きいが、リコイルも出やすくなるため、より交戦距離は狭まる。

大口径は他のセミオートARと違い、近距離でもヘッドショット一発キルにならないため注意。

参考動画

追加武器について

この武器はアップデートにより後から追加された武器であり、入手方法はサプライドロップからランダムで手に入れるしかない。

運が悪いといつまでも使うことができないが、試し撃ちするだけなら方法はある。
追加武器をサプライドロップで出す前に使う方法

その他の武器の評価も見る

武器の個別評価ページ一覧へどうぞ


この記事を周りの人にもシェアしてみませんか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 31follow us in feedly

 -CoD-BO3, , ,


こちらの記事もおすすめ

  Comment

  1. 匿名 より:

    2発キルは30mちょっとだと思います

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)