*

CoD:BO2 リロキャンの広い有用性

      2016/07/10

今回はリロードキャンセルと、その有用性について語ります。■リロードキャンセルとは

弾がリロードされた後の余分なアニメーションを飛ばす操作のこと。
具体的には、右下の弾薬表示がリロードされたことになった瞬間に
武器切り替えボタンを素早くカチカチっと2度押すこと。
PS3では△ボタン。XBOXではYボタンなので、YYリロードと呼ぶ人もいる。

この動作は、短くスプリントすることでも代用が可能だが、
スプリント状態からのリカバリー時間がかかるため、
そのまま走り出す場合以外は武器切り替え2度押しの方を推奨。

もはやCoDの伝統とも言えるテクニックです。
これをやるとやらないとでは、リロード時間に大きな差がでる場合が多いです。
長くやっている方はいつのまにか自然と身に着けているテクニックではないでしょうか。
知らなかった人もこれを機にぜひ覚えてみてください。

■リロード時以外もリロキャンを!
この武器切り替え2度押し(以下、リロキャン)の有用性は、
単にリロード時のみにおさまるものではありません。
リロキャンは以下の場面でも有効です。

・拾った武器の初期動作キャンセル
武器を拾ったあとの動作中にリロキャン
今作の武器拾い動作は長いものが多く、最悪その間にやられることもあります。
これは絶対にやりましょう。同時に腰だめもそのまま最速で撃つことが可能です。

・武器の持ち替え高速化
武器の切り替えボタンを普通に押す→背中の武器を取り出し始めたらリロキャン
武器の持ち替え動作を一部省略し、射撃可能になるまでの隙を減らします。
簡易早業とでも言うべきテクニックですね。
普通に取り換えボタン一回押した時だけの場合と比べて見てください。
射撃可能になるまでの時間がだいぶ違うはずです。
LMGは特に効果的です。開幕ナイフでダッシュし終わる時なんかにどうぞ。
武器によってリロキャンのタイミングが違うので、確認しておきましょう。

・FHJランチャーでの対空時間短縮
1発目を撃つ→撃った瞬間にリロードボタンを押す(重要)→
右下の残弾表示を見て、装填が終わった瞬間リロキャン(ADSボタンは押したまま)→
そのまま2発目のロックオンへ

UAVなど敵機対空のお供であるFHJランチャー。
敵に押されている時など、続けざまに2発撃つことも結構あるのではないかと思います。
ADSボタンと射撃ボタンだけの対空係は卒業しましょう。

・S&Dで玄人アピール、味方に与える頼もしさ
手持ち無沙汰な場面でリロキャン
今この瞬間も多くの方々が実践している有効なテクニックです。
一見全く無意味な場面で連続して何回も行うこと、
また、生存している味方が少なくなるほど効果が増します。
一部の武器でやると、銃をなでているように見えたり、拍手だったりに見えたりして、
これもまたポイントが高いです。
最近では、この動作中に敵に撃たれてデスするというパフォーマンスが流行しているようです。

リロキャンをうまく使ってライバルに差をつけよう!(コロコロコミック並みの煽り)
(こちらの記事もどうぞ→効率的なアタッチメントの取捨選択

 -FPS全般, ,

スポンサーリンク
この記事を周りの人にもシェアしてみませんか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 26follow us in feedly

こちらの記事もおすすめ

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク