*

MWRにサプライドロップ登場。武器キット、女性キャラなど多数追加

      2016/12/24

supplydrops

CoD4:MWR(コールオブデューティー モダン・ウォーフェア リマスタード)に追加されたサプライドロップなどの新要素をまとめてご紹介します。


スポンサーリンク

MWRにもサプライドロップ登場

AWから始まった課金要素を含むガチャシステムである「サプライドロップ」がCoD4:MWRにも実装されました。

サプライドロップは従来通り、デポクレジット(暗号キーにあたるもの)やCoDポイントで購入できる模様。価格はこれまでと同じで、

  • ノーマル:10デポクレジット
  • レア:30デポクレジット、または200CODポイント

となります。

「パーツ」や「デポクレジット」も導入

「パーツ」や「デポクレジット」なども導入されました。「パーツ」は、CoD:IWでいうところのサルベージと同じもので、後述する武器キットのクラフトで使います。

「パーツ」はサプライドロップなどから手に入るとのこと。

武器キットのクラフト

武器のアタッチメントや迷彩枠の横に、新たに「キット」が追加されました。

キットは武器の外見に関する部分を、「パーツ」を使って大胆にカスタマイズできます。武器ごとにさまざまな種類のものがあるようです。

↓AKのストック部分に包帯のディテールを足すキット。

SRも形状が変わっています。

Activisionによると、「キットはあくまでも武器の外見のみを変更する」とのこと。

女性キャラを含む兵士モデル導入

プレイヤーキャラクターとなる兵士も新モデルが多数追加され、これもキットでのクラフト作成になっているようです。

そして女性兵士も登場。

cod4woman

近接武器も追加

近接武器も追加されました。詳細は不明ですが、画像を見る限り、ナイフの別スキンではなく新しいセカンダリー武器の可能性があります。もしそうなら、リマスターでの完全新規追加の武器カテゴリーとなります。

カラフルな新迷彩の数々も

新迷彩も多数追加されています。どれも図柄があり、パターン柄が主だったこれまでとは違い、凝っています。

レティクル、エンブレム、コーリングカードも

新規で大量に追加されているとのこと。

新要素は外見に関するもののみで、性能に変化なし

想像以上に新要素が多数導入された今回のアップデートですが、「新要素はどれも武器やキャラの外見を変更するに留まり、バランスを変えるものではない」とActivisionは公式ページで言及しています。

さらに、紹介したすべてのアイテムはサプライドロップ限定ではなく、クラフトで作成可能とのことです。

新要素の紹介動画

現時点での全キット、エンブレム、コーリングカード、迷彩、キャラ、近接武器がまとめられています。

今回追加された新要素については、さらに正確な情報がわかり次第、この記事に追記してまとめていきます。

 -CoD4:MW,

スポンサーリンク
この記事を周りの人にもシェアしてみませんか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 26follow us in feedly

こちらの記事もおすすめ

  Comment

  1. 不可解な器 より:

    サプライドロップがbo3から始まった、は違うかと

  2. 管理人 より:

    ご指摘ありがとうございます。
    AWでしたね。訂正しました。

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク