*

2016年の新作CoDはゴーストでなくMW4?ツイートより噂浮上

      2017/01/01

CoD:MW4

CoDの開発スタジオのサイクルの一つであるInfinity Wardのツイートから、とある噂が浮上しています。


スポンサーリンク

概要

「2016年おめでとう! 新たな高みを目指すよ!」

IWの1月2日のツイート。

 

Infinity WardはCoDの老舗開発スタジオの一つです。

そもそも近年のCoDは、TreyArchSledge Hammerと、このIWの3つの開発スタジオが毎年かわるがわる新作をリリースしています。

その中でもIWは、今日のCoDの原点ともいえる初代Modern Warfare(通称CoD4)を制作したスタジオとして有名です。

各スタジオの制作作品

IW:CoD4、MW2、MW3、Ghosts

TA:WaW、BO、BO2、BO3

SH:AW

CoD:Gでの凋落

IWはこの数年、内部でいろいろなことがあったとされ、主要開発スタッフの退社や、スタッフ刷新のニュースが伝えられてきました。

そんな中、2013年末にリリースされた最新作のCoD:G(通称ゴースト)は各所で酷評され、海外の有名レビューサイトのMetascoreなどでもユーザースコアがシリーズ最低となっているなど、非常に悪い評価をされています。

アマゾンの日本でのレビューは以下から確認できます。

「IWは終わった、もう期待できない」そのような感想がネット上でも、多く見受けられます。

IGNによるCoDシリーズランキング動画

 

2016年はIWのCoD新作の年

そしてきたる2016年は、開発スタジオのサイクルでいえば、このIW製CoDがリリースされる年です。

IWは元日にこんなツイートをしました。

「新年おめでとう! 2016年は驚くべき年になる。 やってやろうぜ。

注目すべきは最後の“Let’s do this”という文言。

これはIWの人気シリーズであるMW作品で、頻繁に使われた言葉です。

このことから、ファンの間では「もしや今年はゴースト2ではなく、MWの新作がくるのでは」と早くも話題になっています。

ゴーストでは評価が芳しくなかったIWですが、MWシリーズは人気もあり、評価の高いシリーズです。

シリーズ最終作のMW3はプライスやソープなど、屈指の人気キャラクターを擁し、セールス面で大きな記録を打ち立てています。

MWシリーズは物語上、完結はしているのですが、不人気な作品の続編を出すよりかは、人気だった過去の完結作品をリブートするほうが売上も期待できるため、一概にMW4がありえないとは言えない状況なのかもしれません。

果たして2016年のCoDはGhosts2になるのか、それともMW4か。続報が期待されるところです。

ソース:CallofDutyblog.com

こちらの記事もおすすめ

2015年最も読まれたBO3おすすめ記事20選

FPSと夜食。デブレシオが絶対にあがるおすすめの夜食

 -CoD,

スポンサーリンク
この記事を周りの人にもシェアしてみませんか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 26follow us in feedly

こちらの記事もおすすめ

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク